The Songstress Everyone Knows/Side Story 2

From Sekaipedia
Kanade's Room
奏の部屋
Music starts
Yoisaki Kanade
Kanade
Ah...
…………
Yoisaki Kanade
Kanade
(Maybe I should remove this part. And add more effects here...)
(……ここは、外した方がいいかな。
こっちのエフェクトを入れて……)
Ding
Yoisaki Kanade
Kanade
Hm?
……ん?
Yoisaki Kanade
Kanade
(A video? It's from Yuki...)
(動画? 雪からだ……)
Virtual Singer Stage
バーチャル・シンガー ステージ
Hatsune Miku
Miku
Hello, everybody!
会場のみんな、こんにちはー!
Cheers
Hatsune Miku
Miku
Thanks for coming to the show! I hope you'll all have fun!
今日は来てくれてありがとう!
最後まで一緒に、楽しもうね!
Hatsune Miku
Miku
And now... Let the music begin!
それじゃあ……ミュージック、スタート!
Yoisaki Kanade
Kanade
(This is...a video of a Hatsune Miku event?)
(これ……初音ミクのイベントの動画……?)
Yoisaki Kanade
【K】
<Yuki, what's this for?>
『雪、これは?』
Blip
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<Oh, sorry for sending you a message when you were muted. I just really wanted to share this video with you.>
『あ、ミュートしてたのにごめんね。
見せたい動画があったからつい』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<That link just now goes to a VIRTUL SINGER video...>
『さっき送ったのは
バーチャル・シンガーのイベントなんだけど……』
Yoisaki Kanade
【K】
<It's available online for a limited time only, right?>
『期間限定でネット配信してるやつでしょ』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<That's the one! You already knew about it?>
『そうそれ。さすがKだね。もうチェックしてたんだ』
Yoisaki Kanade
【K】
<Yes. A lot of content creators are involved with the VIRTUAL SINGER. I can learn a lot from them.>
『うん。バーチャル・シンガーには、
いろいろなクリエイターが関わってるから、勉強になる』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
『そっか。実は私も、最近ちょっと興味がわいて、
いろいろ聞き始めたんだ』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<Especially the ones sung by Miku.>
『特に……ミクが歌ってる曲』
Yoisaki Kanade
【K】
『そう……』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<What do you think of Miku, K?>
『……Kはミクのこと、どう思う?』
Yoisaki Kanade
【K】
<What do you mean?>
『どうって?』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<Have you ever thought about letting Miku sing the songs that you've composed?>
『つくった曲を、
ミクに歌ってもらおうって思ったことはないの?』
Yoisaki Kanade
【K】
 <Yes, I've thought about that before. It's still one of my options now, too.>
『……考えたことはあるよ。
今でも、選択肢のひとつには入ってる』
Yoisaki Kanade
【K】
 <For example... Listen to this part here.>
『たとえば……ちょっと、ここ聞いてみて』
Hatsune Miku
Miku
 ——♪ ——♪
――――♪ ――――♪
Yoisaki Kanade
【K】
<Around here.>
『……このあたり』
Yoisaki Kanade
【K】
<This upper register has the tendency to sound forced when sung by the human voice.>
『この高音域は、
人がやろうとするとどうしても無理してる感じが出ちゃう』
Yoisaki Kanade
【K】
<And also...>
『それから……』
Hatsune Miku
Miku
——♪ ——♪
――――♪ ――――♪
Yoisaki Kanade
【K】
<The lyrics are clear even though she's singing so quickly.>
『これだけ早口になっても、ちゃんと歌詞を聞き取れる』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<Yes.>
『そうだね』
Yoisaki Kanade
【K】
<She has a massive vocal range and great tone. Even her breathing sounds real.>
『音域も広いし、声質も多彩。吐息もリアル』
Yoisaki Kanade
【K】
<There's a lot of vocal expressions only Miku can achieve.>
『ミクにしか出来ない表現はたくさんある』
Yoisaki Kanade
【K】
<But...>
『でも……』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<But?>
『でも?』
Yoisaki Kanade
【K】
<Well...>
『……ううん』
Yoisaki Kanade
【K】
<If I do compose a song that's just right for Miku in that way, I would definitely let her sing it.>
『もしわたしが、そんなミクのための曲を
つくることができたら……その時は歌ってもらうかもしれない』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<A song that's just right for Miku...>
『ミクのための曲……』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<Okay. I can't wait to hear it!>
『そっか。楽しみだな』
Yoisaki Kanade
【K】
<Yuki...>
『……ねえ、雪』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<Yes?>
『なあに?』
Yoisaki Kanade
【K】
<What made you develop an interest in Miku?>
『雪はどうしてミクに興味を持ったの?』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<Oh, it's nothing significant, really.>
『あ、たいしたきっかけじゃないんだけど』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
『ちょっとした出会いがあって』
Yoisaki Kanade
【K】
<With?>
『出会い……?』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
<Well... Oh, I'm sorry. I interrupted your work, right? I'm going back to work now too, so please carry on.>
『うん。……あ、作業の邪魔しちゃってごめんね。
私も自分の作業に戻るから、続けて』
Yoisaki Kanade
【K】
<Okay, I will...>
『……うん。そうする……』
Yoisaki Kanade
Kanade
Miku, huh?
ミク、か……
Hatsune Miku
Miku
Thank you for listening to my song, everyone!
みんな、聴いてくれてありがとう!
Hatsune Miku
Miku
I won't ever stop singing, so don't ever stop listening♪
これからもたくさん歌うから、
みんな、よろしくね♪
Cheers

Back to the top

Cookies help us deliver our services. By using our services, you agree to our use of cookies.