Main Story/25-ji, Nightcord de./Chapter 5

From Sekaipedia
Kanade’s Room
Yoisaki Kanade
Kanade
(OWN has… uploaded another song.)
(OWNの曲……またアップされてる)
Yoisaki Kanade
Kanade
…………
…………
Yoisaki Kanade
Kanade
(It’s cold and it’s sharp… but still, in a way, fragile.)
(冷たくて、鋭くて……それでいて脆い)
Yoisaki Kanade
Kanade
(It’s just as Enanan said. The kind of song that seems like it’s saying… “I don’t need anyone, I want to be on my own”…)
(えななんの言う通り。誰もいらない、ひとりでいたいって思ってるような……そんな曲……)
Flashback
Yoisaki Kanade
【K】
“This song — didn’t you make this, Yuki?”
『この曲ーー雪が作ったんじゃない?』
Asahina Mafuyu
【Yuki】
“Huh?”
『え?』
End of flashback
Yoisaki Kanade
Kanade
…………
…………
Yoisaki Kanade
Kanade
Ah… it’s this time already? I have to get going…
あ……もうこんな時間? 行かないと……
Yoisaki Kanade
Kanade
The flowers… I’ll buy them at the station.
Then I need… towels… a change of pajamas, and…
花は……駅前で買おう。
あとは、タオルと、替えののパジャマと……
Hospital
Yoisaki Kanade
Kanade
Umm…
あの……
Nurse
Why, hello there, Kanade-chan.
I see you’ve come to pay your father a visit this week, as well.
あら、奏ちゃん。こんにちは。
今週もお見舞いに来てくれたのね
Yoisaki Kanade
Kanade
…Here. A change of clothes, and towels. And…
……これ。着替えと、タオルです。それと……
Nurse
Oh my, what lovely flowers.
You’re very organised, aren’t you, Kanade-chan?
あら、キレイなお花。
奏ちゃんはしっかりしてるわね
Nurse
Yoisaki-san. Kanade-chan has come to see you.
宵崎奏さん。奏ちゃんが来てくれましたよ
Kanade's dad
???
…………
…………
Yoisaki Kanade
Kanade
…How are you feeling, Dad?
……調子はどう? お父さん
Kanade's dad
Kanade's dad
…………
…………
Yoisaki Kanade
Kanade
…………He’s asleep…huh.
…………寝てる、か
Nurse
Oh? He was awake just a moment ago, though.
What unfortunate timing.
あら? さっきまで起きてたんだけど。
タイミングが悪かったわね
Nurse
He started to remember a lot of different things yesterday, you know.
He talked a bit about you, too, Kanade-chan.
昨日は色々思い出してかけていたのよ。
奏ちゃんのことも、少し話してくれてて
Yoisaki Kanade
Kanade
…I see.
……そう、ですか
Yoisaki Kanade
Kanade
…Thank you.
I just came to deliver some necessities today, so I’ll go home now.
……ありがとうございます。
今日は荷物を届けに来ただけですから、もう帰ります
Nurse
Ah… Kanade-chan
あ、奏ちゃん……
Scramble Intersection
Yoisaki Kanade
Kanade
…………
…………
Flashback
Kanade's dad
Kanade's dad
You’re amazing, Kanade!
すごいじゃないか奏!
Kanade's dad
Kanade's dad
Kanade, you’re able to make such kind songs.
I’m sure that your mom in Heaven would be very happy, too.
奏は、こんな優しい曲が作れるんだね。
きっと天国のお母さんも、喜んでくれてるだろうな
Kanade's dad
Kanade's dad
You possess such amazing talent, Kanade.
Surely, you must be loved by music itself.
奏はすごい才能を持っているよ。
きっと、音楽に愛されているんだ
Kanade's dad
Kanade's dad
Kanade, keep… making your music, far into the future.
奏はこれからも、奏の音楽を作り続けるんだよ
End of flashback
Yoisaki Kanade
Kanade
…Dad.
……お父さん
— Some time later —
Kanade’s Room
Yoisaki Kanade
Kanade
It’s 25:00…
25時……
Yoisaki Kanade
【K】
“Is everyone here?”
『みんな、いる?』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“I’m here~! Let’s give it our all again today ♪”
『いるよー! 今日もがんばろうねーっ♪』
Shinonome Ena
【Enanan】
“K, I’m finished with that piece I was talking about yesterday!
Could you take a look?”
『K、昨日言ってたイラスト、完成したよ!
見てくれる?』
Yoisaki Kanade
【K】
“Okay. …Huh? Where’s Yuki?”
『うん。……あれ? 雪は?』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“Huh? You’re right, she’s not here.
She was here earlier this evening, though.”
『あれ? ほんとだ、いないね。
夕方はいたのに』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Don’t you think she’s just fallen asleep?
She’s not like us. She goes to school normally and everything,
so if she’s just exhausted, I’m sure she wouldn’t be online.”
『寝ちゃったんじゃない?
雪は私達と違って普通に学校行ってるんだし、
疲れてたらそういうこともあるでしょ』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“Hmmm. She did tell me that she’d ‘see me when the sun goes down,’ though…
Well, I guess even Yuki nods off from time to time.”
『うーん。また夜にねって言ってたんだけどなぁ……。
ま、雪だって寝ちゃう時もあるか』
Yoisaki Kanade
【K】
“…I wonder… if that’s all…”
『……そう、なのかな……』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Well, let’s just get started for now.
K, I’ll send you the file, okay?”
『ま、先に始めてようよ。
K、ファイル送るね』
Yoisaki Kanade
【K】
“…Yeah, you’re right.
Then, Amia, if I could ask for your progress so far…”
『……うん、そうだね。
じゃあ、Amiaも進捗報告お願い』
— Some time later —
1 week later
Akiyama Mizuki
【Amia】
“…It’s been a week since Yuki stopped coming online, huh…”
『……雪が来なくなって、もう1週間かぁ』
Yoisaki Kanade
【K】
“…………”
『…………』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Did Yuki say she was going on a trip, or something like that?”
『雪、旅行に行くとか言ってたっけ?』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“No, we didn’t hear anything from her.
…It really does make you worry when she’s been gone for a whole week.”
『ううん、何も聞いてないよ。
……1週間も来ないと、さすがに心配だよね』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“You don’t think that… maybe something’s happened to her…
Hopefully it’s nothing too serious, like an accident or an illness…”
『もしかして、何かあったのかな……。
事項とか、病気とかじゃないといいけど』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Hey, Amia, quit saying such ominous things!”
『ちょっとAmia、縁起でもないこというのやめてよ』
Shinonome Ena
【Enanan】
“…But really, I do wonder what happened to her.”
『……でも、本当にどうしたんだろう』
Yoisaki Kanade
【K】
“Yuki…”
『雪……』
Flashback
Asahina Mafuyu
【Yuki】
“——I felt like your songs had saved me.”
『ーーKの曲に、救われたような気がしたんだ』
End of flashback
Yoisaki Kanade
【K】
“…Let’s see if we can find any kind of way to contact her.”
『……何か、連絡をとれる方法がないか探そう』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“Yeah! That seems like the better way to go about it. Since we’re already this worried.”
『うん! そうしたほうがよさそうだよね。心配だし』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Easier said than done, don’t you think?
We don’t know what she looks like, what her real name is, or where she even lives.”
『っていっても、どうする?
顔も名前も、住んでるところも知らないし』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“Hmmm, if she just posted selfies of herself and her room online the way Enanan does, we could pretty easily figure out the specifics from there, huh~”
『んー、えななんみたいに自撮りで顔とか部屋とか晒してたらそこから特定できるだけどな〜』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Could you not say scary things like that in such a calm voice?!”
『さらっと怖いこと言わないでくれる!?』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“But, yeah, if we just had some clues…
Ah, did she let anything slip about herself in the chat logs?”
『でも何か手がかりがあればさー。
あ、チャットのログに残ってない? 雪に関係ありそうなもの』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Hmm, it doesn’t look like it.
Yuki doesn’t really talk a lot about herself, after all…”
『んー、なさそう。
雪って自分のことあんまり話さないし……』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“I do know that she has a mother who sure loves to run her mouth, though.”
『口うるさそーなお母さんがいるってことは
わかってるんだけどなー』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Her mother? What’s that about?”
『お母さん? なにそれ?』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“Nahh, it’s nothing.
I wonder if she’s left anything in the shared folders…
…Huh?”
『ううん。何でもない。
共有フォルダとか、何か残ってないかな。
……あれ?』
Yoisaki Kanade
【K】
“What’s wrong, Amia?”
『どうしたの、Amia』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“There’s a music file here I’ve never seen.
It says that Yuki created it… and the day it was created… was the day she went missing…?”
『見たことない音楽ファイルがある。
管理者は雪で……更新日は……雪が来なくなった日……?』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Ah, you’re right.
The file’s name is… “Untitled”?”
『あ、本当だ。
ファイル名は……”Untitled”?』
Yoisaki Kanade
【K】
““Untitled”? I don’t remember making a song like that, though.”
『”Untitled”? そんな曲、作った記憶ないけど』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Then, don’t you think Yuki could have made it?
And maybe she forgot to give it a name, or something.”
『じゃあ、雪が作ったのかな?
ファイルに名前、付け忘れたとか』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“If she put it in the shared folder,
then it seems like Yuki had something she wanted to say to us, but…
Well, for now, should we just give it a listen?”
『共有フォルダに入られるなら、
雪は何か一言言いそうだけど……。
まあ、とりあえず聴いてみる?』
Yoisaki Kanade
【K】
“…Yeah.
I’ll do that.”
『……うん。
聴いてみよう』
Yoisaki Kanade
【K】
“Huh? My monitor’s glowing…?”
『え? モニタが光って……?』
Akiyama Mizuki
【Amia】
“I-It’s so bright…!”
『ま、眩しい……っ!?』
Shinonome Ena
【Enanan】
“Woah! Wh-What’s this?”
『わっ! な、何これ!』
Yoisaki Kanade
Kanade
……!
……っ!
???
Yoisaki Kanade
Kanade
………………
………………
Yoisaki Kanade
Kanade
Huh…?
え……?
Yoisaki Kanade
Kanade
Where is… this place…?
ここ、どこなの……?

Back to the top

Cookies help us deliver our services. By using our services, you agree to our use of cookies.