POP IN MY HEART!!/Story/Chapter 6

From Sekaipedia
Tenma Tsukasa
Tsukasa
はぁ……かなり寄り道をしたが、
どうにか辿り着くことができたな
Otori Emu
Emu
この子のお父さんとお母さん、いるかな~?
えーと……
Lost Girl
Mommy! Daddy!
Lost Girl's Mother
Mary......!
Kusanagi Nene
Nene
あ……!
あの人がお母さんみたい
Otori Emu
Emu
うん! あの子、メアリーちゃんっていうんだね
Kamishiro Rui
Rui
それにしても、まっすぐに飛びついていったねえ
Tenma Tsukasa
Tsukasa
ああ。母親のほうも喜んでいるようでよかったな
Lost Girl's Mother
Thank you so much for taking care of our daughter!
Kamishiro Rui
Rui
“娘の面倒を見てくれてありがとう!”
だってさ
Otori Emu
Emu
えへへ! どういたしまして!
メアリーちゃんも、よかったね!
Mary
Thank you Emu!
Otori Emu
Emu
わっ!
Mary
That was a fun adventure!
Tenma Tsukasa
Tsukasa
今、なんて言ったんだ?
Kamishiro Rui
Rui
“ありがとう、えむ。冒険できて楽しかった”
というところかな
Otori Emu
Emu
……えへへっ!
あたしも楽しかったよ!
Hatsune Miku (Wonderlands×Showtime)
Miku
『あの子がニコニコしてくれて、
本当によかったね~!』
Megurine Luka (Wonderlands×Showtime)
Luka
『そうね~。
お母さん達と会えて、本当に嬉しそうだったわ~』
Kagamine Rin (Wonderlands×Showtime)
Rin
『うんうんっ!
これでみ~んな笑顔だね~♪』
Tenma Tsukasa
Tsukasa
ああ。時間はかかったが、
どうにか使命を果たすことができたな!
Kusanagi Nene
Nene
ジェットコースターの前から動かなかった時は
どうしようかと思ったけど……
Kamishiro Rui
Rui
けれど、あの子が連れまわしてくれたおかげで、
思いがけずいろいろと学ぶことができたと思うよ
Otori Emu
Emu
うんっ!
Otori Emu
Emu
……あ!
そろそろライリーさんとの待ち合わせの時間だよ!
Kusanagi Nene
Nene
あ、もうそんな時間? じゃあ移動しないとね
Tenma Tsukasa
Tsukasa
たしか『スマイリー』エリアに集合と言っていたな
Kamishiro Rui
Rui
『スマイリー』……有名な作品だけど、
あれはライリー・エンターテインメントの作品だったかな……?
Otori Emu
Emu
みんなー! はやくはやくー!
Otori Emu
Emu
早く行って、ライリーさんにいーっぱい
ここのお話してもらおうっ!
Kusanagi Nene
Nene
あ……! ちょっと待ってよえむ!
Otori Emu
Emu
えっと、ライリーさんは……いた!
Tenma Tsukasa
Tsukasa
ああ、あのメリーゴーランドの前だな。
ライリーさん!
Jean Riley
Riley
やあ!
みんな、僕らのパークを楽しんでくれたかい?
Tenma Tsukasa
Tsukasa
はい! 身をもって、このパークの
素晴らしさを体験することができました!
Kamishiro Rui
Rui
そうですね。
誰もが笑顔になれる……言葉にするだけであれば簡単です
Kamishiro Rui
Rui
ですがここは、その理念が隅々までいきわたっている。
本当に素晴らしい場所だと思いました
Kusanagi Nene
Nene
うん。
どのお客さんも、みんな笑顔になれてたしね
Jean Riley
Riley
それはよかった!
君達に来てもらった甲斐があったというものだよ
Jean Riley
Riley
そうだ、僕からいろいろ話を聞きたいと言ってくれていたね。
何か質問があれば——
Otori Emu
Emu
はいはいはーい!!
Jean Riley
Riley
おや、元気いっぱいだね。
えむさん、どうぞ
Otori Emu
Emu
あたしも、ここは『みんなを笑顔にしたい』っていう
気持ちがいーっぱい詰まってる場所だって思いました!
Otori Emu
Emu
きっと、みんなを笑顔にするにはどうしたらいいんだろうって、
いっぱいいっぱい考えたんだろうなって思って……
Otori Emu
Emu
えっと、だから……えーっと
Otori Emu
Emu
『こうしたい』って思った時、ライリーさんはどうやって
形にしていったんですか?
Jean Riley
Riley
……なるほど。
それはなかなかいい質問だね
Jean Riley
Riley
たとえば、『ミュージックオブジャングル』のエリアを
作るのは、とても難しかった
Jean Riley
Riley
あそこは元々、“本物のジャングルで冒険体験ができる場所”に
するために、本物の熱帯雨林の木を移植しようとしていたんだ
Kusanagi Nene
Nene
え? 本物の?
Jean Riley
Riley
ああ。お客さん達に、作品の登場人物と
同じような体験をしてもらいたかったし、
何より楽しんでほしかったからね
Jean Riley
Riley
けれど、ここで予算がネックになった。
熱帯植物をアメリカで維持するとなると、
管理にとんでもない費用がかかるんだ
Jean Riley
Riley
そのうえ、メインエリアに人手をとられて、
人員もあまり用意できなかった
Otori Emu
Emu
(……! あたし達と一緒だ……!)
Otori Emu
Emu
ライリーさんのところでも、人とか、お金とか、
足りなかったんですかっ?
Jean Riley
Riley
もちろん。映画による収益はそれなりにあったけど、
それでも使える人間も予算も限られていたよ
Jean Riley
Riley
だから僕らは、本来理想としていた“本物の密林”を
諦めるしかなかったんだ
Otori Emu
Emu
……!
Kusanagi Nene
Nene
それは……まあ、仕方がないですよね
Jean Riley
Riley
でも、ただ妥協したわけじゃない
Kamishiro Rui
Rui
というと……?
Jean Riley
Riley
まず本物のジャングルに近づけるべく、植物学者を招いたんだ。
作り物でも、最大限ジャングルらしくなるようにね
Jean Riley
Riley
彼女達のおかげで外観はかなり本物に近づいた。
あとは人工の滝を作ったり、現地に近い匂いを調べたり、
ありとあらゆる方法でジャングルを再現していったんだ
Kamishiro Rui
Rui
匂いを……
Kamishiro Rui
Rui
……この木は、本物ではなくイミテーションのようだね。
しかし実際のジャングルにいるような気分になるのは
なぜだろう……?
Kamishiro Rui
Rui
なるほど、だからか……
Jean Riley
Riley
そういったわけで、安心で安全な人工のジャングルを
作り出すことに成功し、お客さん達に
満足してもらうことができたんだよ
Jean Riley
Riley
現実と折りあいをつけながら、創意工夫で理想を追い求める。
そういったやりかたで、ここを作り上げていったんだよ
Otori Emu
Emu
…………
Jean Riley
Riley
……おや、本社から連絡が入ったようだ。
すまないけれど、少し待っていてほしいな
Kusanagi Nene
Nene
……どうしたの? えむ
Otori Emu
Emu
うえっ?
ど、どど、どうしてもないよ!
Tenma Tsukasa
Tsukasa
どうもしないわけがなかろう。
思い切り顔が沈んでいるぞ
Kamishiro Rui
Rui
今日は、迷子の子と一緒にあちこち見ている時、
何かメモをしたり、考えこんでいるような顔をしていたしね
Kusanagi Nene
Nene
……えむ、前も言ったでしょ?
何か悩んでるなら、ちゃんと言ってよね
Otori Emu
Emu
あ……
Otori Emu
Emu
ごめんねみんなっ!
隠すつもりは全然なかったんだけど……
Otori Emu
Emu
えっとね……すごいなあって思ってたんだ
Kusanagi Nene
Nene
すごいって……ライリーさんが?
Otori Emu
Emu
うん。お金や人が足りなくても、『こうしたい』って思う形に
近づくために一生懸命考えてて——
Otori Emu
Emu
あたしとは、全然違うなって……
Tenma Tsukasa
Tsukasa
んん? どういうことだ?
Otori Emu
Emu
あたし、ずっとずっと、ワンダーステージも
フェニックスワンダーランドも、
“みんなが笑顔になれる場所”にできたらいいなって思ってたの
Otori Emu
Emu
でも……みんなが来るまで、
どうしたらいいのか全然わからなかったんだ
Kamishiro Rui
Rui
……けれど、あのナイトショーのアイディアをくれたのは、
えむくんだよ
Otori Emu
Emu
違うよ! 
あれだって、ずっとやれたらいいなって考えてたけど、
ちゃんと形にしてくれたのは類くんだもん
Otori Emu
Emu
それに類くんだけじゃないよ。
寧々ちゃんは、歌でみんなを笑顔にできるし
Otori Emu
Emu
司くんは、司くんのキラキラで、
キャストのみんなの気持ちを変えてくれたでしょ?
Otori Emu
Emu
……でもあたしはいつも、夢みたいなことばっかり
Otori Emu
Emu
だからお兄ちゃん達と話してても、
全然力になれなくて……
Tenma Tsukasa
Tsukasa
えむ……
Otori Emu
Emu
だからね、あたしも、みんなやライリーさんみたいに、
夢を形にできるようにならなきゃなって思ってたの
Otori Emu
Emu
それで、いろいろ考えちゃってたんだ。
……心配かけちゃってごめんね
Kusanagi Nene
Nene
……そうだったんだ
Kamishiro Rui
Rui
夢を、形にできるように……か。
それはたしかに必要なことではあるけれど……
Tenma Tsukasa
Tsukasa
…………
Tenma Tsukasa
Tsukasa
だが、えむ。お前は……
Jean Riley
Riley
待たせたね! 電話は終わったよ!
Tenma Tsukasa
Tsukasa
うおっ!?
Jean Riley
Riley
ん? どうかしたのかい?
何やら真剣なムードだけれど……
Tenma Tsukasa
Tsukasa
あー、そうですね。ちょっと話をしていたんですが……
Otori Emu
Emu
だ、大丈夫ですっ!
あとでまたちゃんと話しますっ!
Tenma Tsukasa
Tsukasa
……そうだな!
この話はあとでじっくり話すとしよう
Jean Riley
Riley
そうかい?
それならいいんだけど……
Jean Riley
Riley
——実は、このエリアに来てもらったのは、
君達にぜひ見せたいものがあったからなんだ
Otori Emu
Emu
見せたいもの?
Jean Riley
Riley
ああ。——ここだよ